監督力へのこだわり

ホーム › 監督力へのこだわり

監督力へのこだわり

卓越した「監督力」

富士建設の考える【監督力】とは、

「監督力=技術力×人間力×美意識」

建設会社として、技術力を持っているのは、当たり前のこと。
私たちが重視しているのは、【監督力】です。

監督に必要なのは、「技術力」「人間力」「美意識」
これらは、どれ一つ欠けてもいけないものばかりです。
富士建設は、この3つの力を【監督力】と名づけ、重視しています。

技術力

これは、専門(施工?材料)知識、設計者と職人、施主をつなぐために「モノ」をイメージさせるのに必要な力などを指します。

人間力

建設現場は、ひとつの会社のようなもの。
設計者、協力業者、職人とコミュニケーションを密に取り、気持ちよく働き、良い建物をつくり上げるために一致団結させること。
それに必要なのが人間力です。

美意識

「同じ図面をもとにすれば、誰でも同じ建物がつくれる」わけではありません。
たとえば、部材と部材の出会うところを、どういう風にすれば最も美しいのか(納まりがよい)。タイルやカーペットを、何枚貼付けて、端はどう処理すれば綺麗なのか(割付け)。
「スッキリしている」「どんくさい」とは、建築業に携わる人間がよく使う言葉ですが、それを左右するのが、美意識です。

建築が好き!のプライド

yy6029_亚洲自偷自偷图片_欧美成年性色生活片 毛片